貧血は鉄分以外の原因もアリ?貧血対処のための意外な知識とは?

貧血が続く場合は、必ず受診をしよう。

貧血には種類がたくさん!貧血対策のために知りたい知識とは

生理がある女性は、男性よりも貧血になりやすい存在。貧血の方は妊娠しずらいとも言われていますから、妊娠を望む女性にとってなんとか解決しておきたい病気でもあります。
貧血は、血液の成分である赤血球や、その中に含まれているヘモグロビンの量が減少し貧血になります。全身に酵素や栄養素を運ぶ働きをするヘモグロビンですが、貧血になるとめまい、立ちくらみ、動悸、息切れなどの症状が現れます。男性よりも女性に多くみられ、7割近くが鉄欠乏性によるものです。
また、一般的に貧血の症状は、耳鳴り、めまい、立ちくらみ、動悸、息切れ、疲れやすい、寒さを人一倍感じる、食欲がない、顔色が悪いなどです。
ただ、実は貧血は鉄分不足以外にもいろんな原因があります。鉄分が多い食事やサプリを摂っているのになぜ貧血になるの?もしかしたらそれは、鉄分不足以外の原因かもしれません。今回は鉄分不足以外の貧血についての知識を紹介いたします。

貧血の種類と症状の簡単まとめ

  • 鉄欠乏性貧血:よく見られる貧血です。その名の通り、血を作る鉄分が不足してしまい起きる貧血です。鉄欠乏性貧血は適切な治療を行うことで完治するのでこれと言って心配はいりません。症状は、だるい・めまい・動悸息切れという一般症状に加え、肌が荒れたり口内炎や口角炎が起きたりもします。
  • 浴血性貧血:鉄分が原因ではありません。この貧血の場合は何らかの原因で赤血球が壊れやすくなっており、だるい・めまい・動悸息切れといった一般症状のほか、黄疸(白眼の部分や肌が黄色く見える)や脾臓の腫れなどの症状が起こります。腫れてしまった脾臓を切除したり、薬などの治療が必要になるという怖い貧血です。
  • 悪性貧血:ビタミンB12の欠乏により貧血が起こります。悪性貧血は、中高年に多く見られ、だるい・めまい・動悸息切れといった一般症状のほかにも舌が荒れる、白髪が増える、手足のしびれや精神症状が起こります。名前も悪性とつきますから怖いイメージですが、悪性貧血の場合はビタミンB12を服用することで改善をめざせるみたいです。
  • 再生不良性貧血:血液をつくる骨髄が脂肪にかわり、赤血球、白血球、血小板も作らなくなってしまう病気です。症状はだるい・めまい・動悸息切れといった一般症状のほか、皮膚や歯茎から出血しやすくなったり、あざができやすい、注射などの後の出血がなかなか止まらなくなったりと言う症状が起こります。
  • 二次性貧血:感染症、がん、腎臓病など他の病気が原因で起こる貧血です。症状はだるい・めまい・動悸息切れという一般症状が起こります。ただ、このパターンの貧血が続く場合はどうやら危ないらしく、なんと感染症、がん、腎臓病などが隠されている可能性もあるみたいです!

貧血の対策法のあれこれとはいったい何?

鉄欠乏性貧血は、食生活で予防することができます。貧血に効果的な食べ物はまず鉄分、ほかにも良質たんぱく質、葉酸、ビタミンB12、ビタミンCなどを摂ることが大切。食事を3食きちんと取ることで栄養バランスを保つことが大切みたい。また、よくかんで食べると栄養素の吸収を高めるので効果的です。

血液の材料になる鉄分、たんぱく質 レバー、赤身肉、牛乳、マグロ、カツオ、貝類あさり、しじみ、海藻類、緑黄色野菜、大豆製品、果物
鉄の吸収を助けるビタミンC イモ類、パセリ、ピーマン、いちご、キウイフルーツ
赤血球をつくるビタミンB12 レバー、サンマ、イワシ、カキ、ハマグリ、卵黄、チーズ
赤血球の合成を助ける、葉酸が含まれる レバー、ブロッコリー、ほうれん草

※葉酸は水に溶けやすく熱に弱いため、食事だけではあまり摂れないということもあるのだとか……、サプリメントも利用することで効率よく葉酸補給ができるようになります!

貧血の症状が続く場合は病院に受診しましょう。たかが貧血!いつものことだから!と思わず病院に受診しましょう。貧血の治療は病気の種類により異なります。鉄欠乏性貧血の場合、食事療法のほか、錠剤の服用が必要です。貧血の原因が病気による場合、薬剤による治療や外科的治療が行われます。医師の診察を受けたうえ、正しい治療を行いましょう。
女性ならば特に食事で摂っておいてほしいのが葉酸。葉酸は妊婦の味方になってくれたり、バストアップ方法を知りたい方にも是非とも食べてほしい栄養素となります!

ポイントは4つで貧血にならないための食事を摂ろう!

・血液の材料になる鉄分、たんぱく質を摂ろう。
・鉄の吸収を助けるビタミンCを摂ろう。
・赤血球をつくるビタミンB12を摂ろう。
・赤血球の合成を助ける葉酸はサプリメントで摂ろう。

貧血で重大な病気が隠れていることが分かりました。出産前は、貧血がなかったのに産後、貧血になる方もいるみたいですよ。たかが、貧血!とは思わず、病院に受診しましょう。