生理前の症状・PMS(月経前症候群)とは?下痢や頭痛が起きる原因

生理前の症状・PMS(月経前症候群)とは?

女性に毎月訪れる生理、生理が始まると1週間近くは生理独特の症状に悩まされるという女性は多くいらっしゃいます。生理が一度始まると具合が悪くなったりしますし、ひどい時はあまりの辛さに動けなくなってしまいますよね?ですが、こういった生理痛や生理による不快感は生理中だけに限りません。生理がもうすぐ始まることでの不快感・つまり生理前に起きる症状・PMS(月経前症候群)もあります。これもまた、女性にとってつらいものですよね?今回は、PMS(月経前症候群)がいつから始まるのか、どんな症状があるのかを調べまとめさせていただきました!

PMS(月経前症候群)とは、生理が始まる数日前から早い人で2週間ぐらい前から起き始めるようです。女性が8割は経験すると言われ、主な症状としてイライラする・下痢などの腹痛・眠気・胸が張る・頭痛などといった症状となります。生理の周期には卵胞期・排卵期・黄体期・生理の流れを1カ月ほどかけて繰り返します。排卵期が終わってから始まる黄体期は女性ホルモンの1つであり、母になるためのホルモン・プロゲステロンの分泌が盛んになるため体調が崩れやすくなってしまうようです。この崩れやすくなっている状態がいわゆるPMS(月経前症候群)なのだとか。

PMS(月経前症候群)の症状その1・イライラする

生理前にストレスが溜まるのは、これはプロゲステロンの力が強くなるからとされているようです。女性ホルモンは母になるためのホルモンプロゲステロンともう1つが美しい女性でいるためのホルモン・エストロゲンから成り立っています。エストロゲンは美肌効果や美髪効果、バストアップ効果や骨を守ってくれる、精神状態を落ち着かせてくれるという役割を持っています。しかし黄体期の際はプロゲステロンが強くなってしまうために女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのだとか。

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうとメンタルにも響いてしまい、ちょっとしたことでイライラしやすくなったり怒りっぽくなってしまいます。いきなり怒り出してしまったり感情のコントロールがうまく出来なくなってしまいそんな自分にも嫌気が差してしまうかもしれません。しかし、これは正直言って仕方ないことでもありますよね?
「あ~、またイライラしてしまったぁ…」と落ち込むよりも仕方ないと割り切ってしまった方が楽な時もあるかと思われます。

PMS(月経前症候群)の症状その2・下痢や腹痛

生理前・生理中にお腹が痛くなってしまう、ツライ生理痛。生理痛の症状は女性によっても様々ありひどい方は冬でも脂汗が出てきたり、失神してしまう場合もあるようです。これは生理前や生理中に分泌されるプロスタグランジンというホルモンが原因とされているからなのだとか。
女性は生理前に、子宮内膜を分厚くさせて妊娠ができる体を作っていきます。しかし妊娠しなかった場合にこの分厚くなった子宮内膜が剥がれ落ちることで生理になります。そしてこのときに必要なのがプロスタグランジンというホルモン。このプロスタグランジンは子宮をぎゅっと収縮させて不要になった粘膜を体外にしっかりと出るように押し出そうとするようです。しかし、このプロスタグランジンの分泌量が多ければ多いほど、生理痛や頭痛がキツい人となるのだとか。

また、生理前や生理中は下痢になってお腹が痛い…という方もこのプロスタグランジンが原因なのだとか。プロスタグランジンのぎゅっと収縮する働きが腸にも及ぶため、便が緩くなってしまい下痢を伴ってしまうのだとか。

PMS(月経前症候群)の症状その3・生理前に胸が張る

生理前に胸が張りだす。これはプロゲステロンの分泌が盛んになるために乳腺の発達が促されるのだとか。胸全体が硬くなってくると『胸が張る』状態になるようです。胸が痛くなるという場合もあり、生理が始まれば痛みが治まってくるようです。胸の張りに気付かないという女性も少なくないらしく、この胸が張りだすという症状が乱れるのは2割ほどの女性なのだとか。

PMS(月経前症候群)の症状その4・やたらと眠い

きちんと眠っているはずなのに、猛烈な睡魔に襲われ悩んでいるという方も少なくないようです。これはプロゲステロンが基礎体温を上げる働きを持っているため、知らず知らずのうちに夜眠る睡眠の質が下げられているのだとか。眠気は体温が下がることで起きるようなのですが、体温が上がってしまうことで十分に熟睡ができなくなり、その眠れなかったぶんがお昼に回ってくるようです。
加えて、プロゲステロンは眠気を呼ぶ働きがあると言われています。妊娠初期に眠気が猛烈に襲う『寝つわり』というものがあるのですが、これはプロゲステロンの働きから来ているとされているようです。

PMS(月経前症候群)の症状その5・頭痛

生理前に起きてしまう頭痛は、エストロゲンの分泌量が原因とされているようです。エストロゲンの分泌量は排卵前に最も分泌されますが、排卵後に急減します。そしてまた排卵後に増えて生理前に減少するという増減を繰り返していくようです。このエストロゲンが急減することで、セロトニンという脳内物質も減少するのだとか。その際に脳内の血管が拡張してしまい、頭痛が起きるとされているようです。

まだあるPMS(月経前症候群)の症状

こういった代表的な症状のほかにも、PMS(月経前症候群)として、食欲増進・ニキビが増える・便秘になる・下痢になる・肩がこる・スイーツが食べたくなる・集中力が落ちる・やる気がでなくなるなど症状は様々あります。ですがこういった症状が起きるのは女性ホルモンのバランスが崩れるためといえそうです。そして整理が始まる前から長いと2週間ほどかける場合もあるのだとか。
PMS(月経前症候群)を軽くするには、低用量ピルを飲んだり漢方薬に頼る、サプリメントを飲むといった方法もあります。自分1人で我慢するのではなく、こういったものに頼るのも1つの手なようです。低用量ピルは病院で処方されるようですから、婦人科の医師に相談するという方法をとるといいのかもしれません。

PMS(月経前症候群)の症状まとめ

・PMS(月経前症候群)とは、生理が始まる2週間ほどまえから始まる症状。
・頭痛がする・眠気が始まる・下痢や腹痛が始まる・などがある。
・エストロゲン・プロゲステロンのバランスが崩れることでこういった症状が起きる。