つわりとはどんな感じ? つわりの症状や種類・対処まとめ【fromageコラム】

つわりは吐くだけじゃない。主なつわりの症状や種類について

妊娠をした際に、女性が不安に思う症状の1つに「つわり」があるかと思います。つわりというと、なんとなく吐き気がものすごくて食べ物が食べられなくなるといったイメージがあるかもしれません。つわりはとても辛いものとされていますから、妊娠された・これから妊娠したいと考えている方にとってはつわりつわりの症状、つわりの種類などは気になるかと思います。今回は、意外と知られていないつわりの種類や各対処方法について調べました。

つわりとは、妊娠初期に現れる不快症状のことを指します。妊婦さん全員がつわりを経験するわけではないようですが、経験する人は8割近くに上る場合もあるのだとか。つわりにはいくつかの種類が存在します。一番有名なものとして吐き気を伴い嘔吐が見られる「吐きつわり」、食べても食べてもご飯が食べたくなったり、空腹になると気持ち悪くなってくる「食べつわり」、ニオイに敏感になり、ニオイに耐え切れなくなる「ニオイつわり」、強い眠気に襲われ起き上がることが困難になる「眠りつわり」、唾液の量が多くなってダラダラとよだれがでてしまう「よだれつわり」の5種類があるとされているようです。
つわりの原因としてはいまだにはっきりと解明されていないようですが、つわりの症状が起きる原因としてホルモンバランスの変化やストレスといったものがあげられるとされているようです。特につわりの時期は周囲の無理解や健康的な食事を摂ろうとすることによって、余計にストレスがかかり逆につわりを悪化させてしまうようです。
では、つわりにはどんな症状があるのか、どんなふうに対処を取ったらいいのでしょうか?それぞれのつわりの種類について詳しく説明いたします。

リファレンス:つわりの時期(ripple)

つわりの症状の種類と対処方法まとめ


つわりには5つの症状があるとお話いたしましたが、「吐きつわり」「食べつわり」「ニオイつわり」「眠りつわり」「よだれつわり」それぞれどんな症状なのでしょうか?また対処法とはどんなものか。種類ごとに紹介いたします。

つわりの症状の種類と対処方法その1:吐きつわり

つわりのなかでも最も有名で、妊婦さんの多くが経験するとされているのが吐きつわりです。吐きつわりはずっと二日酔いが続いているかのような症状で、吐いても吐いても吐き気が止まらない。吐きはしないけど吐き気がずっと続くという方もいれば、吐いている時間が長いという方もいらっしゃるようです。吐きつわりは下手をすると栄養失調や脱水症状に陥ってしまうため、そういった場合は入院が必要となることも珍しくないのだとか。

吐きつわりはとにかく気持ち悪い状態が長い間続き、栄養失調や脱水症状に追い詰められることもあります。吐きつわりを軽減させるための対処としては、「食べられるものを食べることができる時に食べる」というもの。この際は食べる時間や食べる量、栄養バランスについては考えなくてOK。よく、妊娠中はすっぱいものが美味しく感じるといいますから、柑橘系の果物やアイスクリームなどの冷たいもの、ゼリーのようなつるりとしていてのどごしがいいものは比較的食べやすいのだとか。また、ビタミンB6を多く含む食べ物は吐きつわりをかくるくる効果があるようで、バナナや木の実もいいようです。

つわりの症状の種類と対処方法その2:食べつわり

食べつわりとは吐きつわりとは逆で、食べ物を食べておかないと気持ち悪くなる症状があるつわりとなります。吐きつわりは常に気持ちが悪いのですが、食べつわりの場合は空腹になると気持ち悪くなってしまうようです。どういうことかというと、朝起きてお腹が空いていると、その時点でもう気持ち悪いという方もいらっしゃるのだとか。そのため、食べつわりの症状によって体重が増加し、肥満に陥ってしまう場合もあるのだとか。

食事を分けて食べるという方法もあるようですが、これでは逆に体重増加につながってしまうようですから注意が必要なようです。また、食べつわりはいわゆる食べ過ぎてしまう症状ですから、対処としてはカロリーや糖質が高いものは食べずに低カロリーのものを選んだ方がいいかもしれません。食べつわりの方は、口の中に常に何かが入っていたら耐えられるという方もいらっしゃるようですから、食べ過ぎに気を付けて飴などを利用するといいかもしれません。

つわりの症状の種類と対処方法その3:ニオイつわり

妊娠初期にニオイに敏感になり、特定の匂いを嗅ぐと吐き気を感じてしまうというつわりになります。どんなニオイに気分が悪くなるのかというと、生ゴミやタバコといったニオイにはもちろん、焼き魚や炒め物や、炊き立てご飯の匂いといった火を通した食べ物にもキツくなってしまうようです。他にも、男性独特のニオイにも気持ち悪くなってしまうという場合もあるのだとか。

対処としては、すべての匂いを避けることは難しいとされています。特に男性の匂いを不快に感じてしまったらどうすればいいか分かりませんよね?食べ物のニオイに気分が悪くなるのならば、食事を無理して作らないようにした方がいいかもしれません。旦那さんには外で食事を食べてもらい、食べられそうな食べ物を食べてみるといいかもしれません。また、ニオイつわりだという方は、好きな香りを常に持ち歩いたりすることで気持ち悪さを軽減するという方もいらっしゃるようです。

つわりの症状の種類と対処方法その4:眠りつわり

とにかく眠たくなってしまう、妊娠前に比べてかなりの眠さが襲ってくるのが特徴です。寝不足でだるいなどのレベルではなく、とにかく日中眠たくてたまらない。あまりの眠さに急に意識を失う人もいるのだとか。どれだけ眠っても寝不足に感じる為に、日常生活に支障をきたしてしまいます。

対処としては、眠るのが一番。おなかの赤ちゃんが睡眠を求めているのだと思い、体を休めるのが一番の様です。ただ、仕事中で眠ってしまう訳にもいきませんから、少し体を動かしたり上司に相談をして仮眠を取らせてもらうのも1つの手かもしれません。眠たいままだと仕事にミスが増えるばかりですから、仮眠をとらせてもらうようにしましょう。

つわりの症状の種類と対処方法その4:よだれつわり

よだれの分泌量が過剰になり、ものを食べているとき以外にもどんどん出てきて、定期的に吐き出さないといけないという方もいるようです。中には飲み込むことさえ困難なほどによだれの分泌量がすごいという方もいらっしゃるのだとか。

対処として、よだれは放っておくとどんどん溜まっていってしまう上に嫌な臭いを出すようになってしまうようです。ハンカチやティッシュなどを持ち歩くことでこまめによだれを吐き出せる環境をつくったり、飴や飲み物などでよだれのイヤな味をごまかすという方法もあるようです。また自分の傍によだれを吐き出すためのコップを常備しておくのもいいかもしれません。

つわりの種類と症状・対処について

・妊娠初期に現れる不快症状のことを指します。妊婦さん全員がつわりを経験するわけではないようですが、経験する人は8割近くに上る
・吐きつわりはとにかく気持ち悪い状態が長い間続き、栄養失調や脱水症状に追い詰められることもあります。
・食べつわりとは吐きつわりとは逆で、食べ物を食べておかないと気持ち悪くなる症状があるつわりとなります。
・ニオイつわりは妊娠初期にニオイに敏感になり、特定の匂いを嗅ぐと吐き気を感じてしまうというつわりになります。