生理前に起こる不快な症状、もしかして病気?

生理痛

PMS(月経前症候群)とは?

女性なら生理前にちょっとした体調の変化や気持ちの変化を感じたことがあると思います。
もしとてもひどく生理前にイライラしたり、憂鬱な気持ちになったり、下腹部のはりなどの不調が現れたら、それは、PMS(月経前症候群)という病気かもしれません。

PMS(月経前症候群)は、生理の3~10日位前から起こるキモチやカラダの不快症状のことです。生理が始まとともに症状が消えてなくなるのが特徴です。女性は、毎月生理が来るので、1ヶ月のうち1週間は、このPMSで悩まされているということになります。

PMS(月経前症候群)であるかの診断は、以下の症状(体調・気持ち)に変化があっても仕事などの日常生活を問題なく送れるかということを基準に問診します。
極端に体調の変化や気持ちの変化があって、日常生活に支障をきたす場合は、PMS(月経前症候群)と判断されます。

PMS(月経前症候群)の主な症状

・イライラする(怒りっぽくなる) 
・憂鬱な気持ちになって泣きたくなる
・激しいうつ状態、絶望感がある
・食欲を抑えられない
・情緒不安定になる
・集中できない
・疲れ、だるさ
・肌あれ
・下腹部のはり
・眠気または不眠
・むくみ  
・手足の冷え など

PMSの症状は、200種類以上あるとも言われていて、おもな症状が、イライラなどの情緒不安定な状態や怒りっぽくなる、肌あれ(ニキビがきる)、下腹部が張るといった症状です。

多くの女性がなんらかのPMSの症状を抱えているといわれていますが、あまりPMSは一般的に広がってなく存在を知らずに悩んでいる人も多いようです。

もしPMSと気づいたら?

PMSと気づいても何をしたらいいか分からないと、対処していない人がとても多いようです。
少しでもこのPMSの不快な症状を減らすためには、毎日の生活習慣を見直すことで改善することができるのです。

①バランスの良い食事
PMS(月経前症候群)の改善には、何よりもバランスの取れた食事が大切です。
良質なミネラルやビタミンを多く摂取し、むくみなどの原因になる塩分や甘い物はなるべく控えましょう。

②軽い運動
生理前の時期は水分が身体に溜まりやすいので、有酸素運動で汗をかくのが効果的です。
ウォーキングや軽いジョギング、水泳などを意識的に行うと、体にためこまれた余分な水分を排出しやすくなり、
血行がよくなります。

③ストレスをためない努力
日常の生活の中でストレスを感じることがあれば、それがPMSの症状としてイライラしたり憂鬱な気持ちとして症状が現れます。
無理のないスケジュールや過度な仕事を控えるなどストレスをためない工夫をしましょう。

PMSの症状がこれ以上悪化しないよう行うべきことは、山ほどある!

生理前の不調「PMS」まとめ

・生理前にイライラや憂鬱な気分になる症状はPMS(月経前症候群)という症状
・PMSの症状は、200種類以上あると言われている。
・人によって、症状も重さも期間も様々
・毎日の生活習慣を見直すことで改善することができる


PMS(月経前症候群)の症状を緩和するため、事前にできることはたくさんある!