一重あるある。両親が二重まぶたなのに一重まぶたの子が産まれる理由

一重まぶたあるある。両親が二重で私は一重

「両親は二重まぶたなのに生まれた子供は一重まぶただった!」こういった話を聞いたことはありませんか?実はこれ、意外とある出来事なのだとか。二重まぶたって遺伝で決まるんじゃなかったの?と疑いたくもなります。どちらかが本当は一重まぶただったけど、整形したからでは?と疑いたくなりますが、それだけではありません。
両親が天然の二重まぶたの場合でも、子供が一重まぶたになる可能性だってあるのだとか。何故両親は二重まぶたなのに生まれた子供は一重まぶたなんてことが起きるのでしょうか?そのことについて説明をしてみます!

まず、一重まぶたになるのか二重まぶたになるのかは遺伝によって決まります。「それなら両親が二重まぶたの場合は二重まぶたの子供が生まれるのでは!?」と思いますよね?しかし両親が二重まぶたなら100%二重まぶたの子供が生まれるという訳ではありません。確かに二重まぶたの子供が生まれる可能性のほうが高いのですが、これには「メンデルの法則」という遺伝子学が関係してきます。

二重まぶたと一重まぶたが遺伝で決まるって本当?

メンデルの法則は中学生の理科で習った遺伝子学。きっと「懐かしい!」という声を上げた方もしらっしゃるかもしれません。メンデルの法則とは簡単に言うと親からもらった遺伝子には、親から受け継ぎやすい『優勢』の遺伝子と親から受け継ぎにくい『劣性』の遺伝子があるという法則のこと。つまり親から似やすい遺伝子が優勢、親から似にくい遺伝子が劣勢とされます。下の図で言うなら、白い丸が優性遺伝子・黒い丸が劣性遺伝子となります。

人の遺伝子はこの親から似やすい優勢の遺伝子と、親から似にくい劣勢の遺伝子の組み合わせによって作られており、今回の話で言うのなら二重まぶたは親から似やすい優勢の遺伝子。一重まぶたは親から似にくい劣勢の遺伝子とされています。
図の水色と黄色のグループを見てわかる様に、劣勢の遺伝子を持っていたとしても、優勢の遺伝子を同時に持っていたら似やすい優勢の遺伝子が現れます。つまり、一重まぶたの遺伝子を持っていたとしても、二重まぶたの遺伝子を持っている子は二重まぶたになるということです。

ただし問題なのが、親から遺伝子を1つづつ受け継ぐということ。図の黄色と緑のグループを見てわかる様に、似やすい優勢の遺伝子と似にくい劣勢の遺伝子のどちらを貰うのかは選ぶことができません。そのため、両親二人から似にくい劣勢の遺伝子を受け継ぐという場合があります。
これが今回のからくり。つまり両親2人から一重まぶたになる遺伝子しか受け継がなかったために、一重まぶたの子供が生まれてしまうということになります。

日本人は一重まぶたと二重まぶたはどちらが多い?


二重まぶたの両親が結婚をして生まれる子供が一重の可能性は6%と言われていますが、そもそも日本では一重まぶたの方のほうが圧倒的に多く、天然の二重まぶたは日本人でも3割ほどしかいないのだとか。
二重まぶたになるには、アイプチや二重まぶたになるためにまぶたの脂肪燃焼を促すクリームなどが売られていますが、こういったものは継続が大切になるもの。効果は出るかもしれませんが面倒になって途中でやめてしまいたくなりますよね?

そのため、切開法や埋没法という二重まぶたを作る美容整形を選択する女性がいま多くいらっしゃるのだとか!しっかりと効果がでる二重まぶたの美容整形は、どんな二重まぶたにしたいかで施術方法が変わるため、気になる方はカウンセリングを受けてみるのも1つの手かもしれませんね?

二重まぶたと遺伝の関係まとめ

・二重まぶたになるかならないかは遺伝によって決まる。
・二重まぶたの両親でも、一重まぶたの子供が生まれる可能性もある。
・日本では一重まぶたの人のほうが多い。
・二重まぶたの両親から一重まぶたの子供が生まれるのは結構あること。


二重まぶたの両親だから必ず二重まぶたの子供が生まれるという訳ではありません。たった6%ですが、二重まぶたの両親から一重まぶたの方が生まれる可能性もあります!