現代病とも言える眼精疲労!そんな、眼精疲労のあれこれとは?

持ち運びが便利なPCやスマホ。便利だからこそ、病気を引き起こす原因の一つ!?

PCやスマホが及ぼす病気とはいったい何?その原因は何?

スマホやPCが主流になってきました。そんな中、目が疲れたと思うことはありませんか?スマホやPCなどで目の疲れが慢性的に続く場合は眼精疲労を引き起こしている可能性があります。疲れ目は実は2種類に分類されます。休憩により回復するものを眼疲労と言い、休息を取っても目の痛みや頭痛、肩こりなど症状が残るものを眼精疲労と言います。
眼精疲労原因を3つ、詳しくお教え致します。
一つ目は、目に原因がある場合は、近視、遠視、乱視、老眼などで視力が下がったり、視野が狭くなったときに、目を凝らしたり、意識的にピントを合わせるため、目が疲れやすくなり眼精疲労が起こります。

二つ目は、目の使う環境に原因がある場合は、パソコンやスマホなど長時間見るため、まばたきの回数が減り、目が乾いた状態でその作業を行うため目が疲れやすくなります。また、パソコンをするときのモニターの高さや距離、部屋の明るさや湿度なども原因の一つです。

三つ目は、目のピント調節機能は自律神経によりコントロールされています。過労気味や仕事上のストレス、神経症、自律神経失調症など精神的な要因が眼精疲労を引き起こします。また、過労気味でストレスがたまっている方は、目を休めるとともに身体と心をリラックスさせ神経を休ませてあげましょう。

自分で出来る眼精疲労の対処法と手術での治療法とはいったい何?

眼精疲労を感じたら原因となる要因を見つけ取り除くことが大事です。また、眼鏡が合っていないことも原因の一つとなるので、眼科医で検診を受ける際は、普段使っている眼鏡やコンタクトを持っていくと詳しい診断が受けられます。
目に原因がある方で、レーシック手術をする方もいます。角膜にレーザーを照射し、屈折力を調整することで近視や遠視、乱視を矯正する眼科手術です。術後から、眼鏡やコンタクトが不要になるので、眼精疲労の原因はなくなります。
また、疲れを感じたら作業を休んで、遠くを見たり、目をつぶったりして日頃から目をいたわりましょう。目を閉じると眼球がまぶたの上の方を向き、筋肉がリラックスできます。熟睡すると黒目がまぶたの上の方に行き光を感じなくなります。目の中に光が入らないことが眼球へのリラックスに繋がります。十分な睡眠で目をしっかり休ませましょう。
また、蒸しタオルなど眼球やその周辺を温めることで血行が良くなります。血行が良くなることで、目の周囲は交感神経から副交感神経に切り替わり、リラックス効果が増し、さらに筋肉が柔らかくなるため、疲労物質も取り除かれます。

PCが当たり前の現代!そんな現代の病気にならないための4ヶ条とは?

・眼精疲労の原因を探り、その原因の対処法を知ろう。
・専門医に受診をし、今使用している、眼鏡やコンタクトが合っているか見てもらおう。
・PCの長時間作業を避け、遠くを見たり目をつぶったりして目を休ませよう。
・十分な睡眠や目を温めて血行をよくしよう。

眼精疲労の原因は、目の病気や精神的ストレスなどで起こることが分かりました。私も、PCで作業することが多く最近、目が疲れやすくなってきました。長時間、作業するときは遠くを見るなど目を休めながら作業を始めたいと思います。