5分でわかる!片頭痛などの慢性頭痛の主な症状と原因・対処法とは?

ツライ片頭痛などの慢性頭痛はどうすればいいの?

誰もが人生の中で一度は経験している『頭痛』。頭がまるで脈打つようにズキズキと痛んだり、何かに締め付けられるように痛んだり、こめかみを押さえつけられるような痛みの場合もありますよね?頭痛は1度起きてしまうと結構キツく、あまりの痛さにどんどん具合が悪くなって吐き気までしてくる。頭痛がキツくてたまらずに寝るしかできなくなる時ってものすごく多いですよね?
仕事中の時に頭痛が酷くなったら途中で帰宅せざるを得ないレベルに発展することだってありますから、たかが頭痛と侮ることは出来ません。

さらに最近ではそんなツラい頭痛がしょっちゅう起きるという方もだんだん増えてきました。このように何度も繰り返し起きる頭痛は慢性頭痛と呼ばれており、日本人のうち15歳以上の3人に1人は慢性頭痛に悩んでいるというデータさえあるようです。
しかし、こういった頭痛はセルフケアである程度予防することができるのだとか!では、どんな原因があるのか・対処法はどうすればいいのかを見ていきましょう!

そもそも頭痛とはどんな症状

頭の血管に障害が起きる、頭の血管が炎症を起こしたり拡張する。また肩こりや目の疲れなどで筋肉が緊張状態になると頭痛が起こるとも言われています。頭痛と一言で言っても痛みの強弱は様々。我慢できるレベルから立っていられないレベルまでありますよね?
痛みの強弱が様々あるように、頭痛の原因もまた様々あります。例えば、更年期を迎えた女性の6割は女性ホルモンの減少が原因で頭痛に悩まされたりしますし、飲酒やストレスが原因で頭痛を引き起こしたりします。

頭痛はよく起きるものだと考えられていますから、頭痛がしても「薬を飲んで寝ていれば大丈夫でしょ!」と簡単に受け止めてしまうのは止めた方がいいようです。何故なら、くも膜下出血や脳腫瘍といった非常に恐ろしい病気の原因である可能性だってあるから。頭痛薬が効かなくなりだした・長期期間片頭痛に悩んでいるという方は一度病院で診てもらった方がいいかもしれません。

また、「更年期だから誰だってなるものでしょ?」と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、それでもツライのはあなた自身ですよね?更年期による頭痛の原因は女性ホルモンとされていますから、婦人科で相談をすることで頭痛が楽になる可能性もあります。

慢性頭痛の症状と種類・原因と対処法まとめ

主な慢性頭痛は「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」の3つに分けることができるとされています。この3種類の頭痛の主な特徴と原因、対処法を簡単にまとめました!

片頭痛

症状:こめかみが片方のみ・あるいは両方ともがまるで脈を打つようにズキンズキンと痛む頭痛。男性に比べて女性の方が多く、女性の10人に1人が片頭痛に悩んでいるようです。酷いときは吐き気がすることもあるようです。

原因:頭の血管が拡張することで炎症を引き起こしてしまい、血管の周りの神経が圧迫されることで頭痛となるといわれています。

対処法;頭痛が起きだしたら酷くなる前に薬を飲んだほうがいいようです。ストレスや寝不足といったことも片頭痛の原因につながります。また、コーヒーや緑茶を飲むことで血管が収縮され片頭痛を抑えることができるとされています。コーヒーにはガンを抑制する効果もありますから、1日3杯ほど飲むといいかもしれません。

緊張型頭痛

症状:頭を締め付けられるような痛みが特徴的とされています。徐々に痛み出し、一度痛むと長く痛みが続くようです。デスクワークが多い方に出やすく、また肩こりを伴う場合の頭痛はこの緊張型頭痛と考えていいかもしれません。

原因:ストレスや筋肉の緊張などが原因とされているのだとか。
筋肉が緊張することで血流が悪くなり、その結果筋肉中に疲労がたまることで神経を刺激し、頭痛が起こるのだとか。また、不安などのストレスから自律神経がうまく機能しなくなり、それが原因で筋肉の緊張が起きてしまい結果頭痛につながるようです。

対処法:緊張型頭痛はとにかくストレスを溜めすぎないこと。また猫背を治して姿勢を浴したり、マッサージなどを行うことで肩こりを解消することも緊張型頭痛の改善につながるのだとか。

群発頭痛

症状:目の奥に強い痛みを感じ、片頭痛や緊張型頭痛により痛みが激しいのだとか。その上ほぼ毎日、決まった時間に起きることも多いと言われています。さらに自律神経が刺激されることで、涙や鼻水が出る・瞳孔が小さくなるという症状もあるのだとか。

原因:原因はよくわかってはいないのですが、よく言われているのが目の後ろにある動脈が拡張することで神経が刺戟され、頭痛が起こってしまうようです。

対処法:頭痛が起きる前に事前に薬を飲んでおくことで、頭痛を抑えることができるようです。また、アルコールは頭痛を呼んでしまうため避けた方がいいかもしれません。

このように、日本人の3人に1人が悩む慢性頭痛も3パターンに分けることができます。また、予防薬や頭痛薬は、医師に相談した方が安心かもしれません。特に群発頭痛の予防薬においては医師のカウンセリングを受けることで、どのような薬を飲んでいいのか。飲む際に気を付けることなどを知ることができます。

慢性頭痛の種類と原因・対処法まとめ

・日本人のうち15歳以上の方は3人に1人が慢性頭痛に悩んでいる。
・慢性頭痛は片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛<の3つに分けられる。 ・片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の薬は医師に相談した方がいいかもしれない。 ・睡眠不足や栄養の方よりも頭痛に響くことがある。 ▼ 頭痛の予防方法として、姿勢を正しくすること・まっすぐに寝る事・ゆっくり過ごせるリラックスタイムを設ける事・こまめに水分補給をすることなど改善方法は様々あります。辛い頭痛が起きる前に予防・改善法をとることで頭痛が起きにくい自分へと近づけます!