女性のほうがメンタルが弱い?!女性の方がメンタルが弱いとされる原因について

女性の方がメンタルが弱いとされる原因とは一体何か?

社会問題の1つとなっているのが、ストレスによるメンタルの病気。実はメンタルトラブルというのは、男性よりも女性の方が多いと言われているようです。今社会的に問題になっている自殺者数というのは割合で見ると男性のほうが多いとされていますが、実はうつ病などの心の病気の相談件数は女性の方が多くうつ病にかかる女性も男性の2倍は多いと言われているようです。

そこで、今回の女性の悩みを実は真面目に解決サイトfromageでは、何故男性よりも女性の方がメンタルが弱いとされているのか。その原因について調べてみました。調べてみると女性特有の身体のつくりや生活環境に問題があることが分かりました。

リファレンス:おりものの基礎知識(chowder)

女性のほうがメンタルが弱いとされる原因3選


心の病気というと、何が思いつくかというと多くが『うつ病』ではないでしょうか?女性の方が男性よりも多い理由として、ホルモンバランスによる原因が考えられるようです。女性ホルモンはプロゲステロンとエストロゲンという2つのホルモンによって構成されており、これによって女性の身体で出来る生理や妊娠、出産や更年期というものを司っています。
ただ、この女性ホルモンというのは女性の心身ともに大きく影響するホルモンとなります。無気力になる、やる気がでない、精神的に不安定になる方が多いのだとか。メンタルに直接影響が及ばないにしても、身体的に問題が生じれば心にも影響が及んでしまいます。

さらに、ここ十数年で女性の環境が大きく変わってきたというのも原因の1つと言えるようです。生理周期というのは女性自身が意思を持ってコントロールできるものではなく、イライラや眠気といった生理前に来る症状(PMS)をコントロールすることも出来ません。しかしそれでも女性には仕事や家事、育児というものが求められていくためこれによってストレスを感じやすいとされているようです。

現在社会で男性への育休がまだまだ普及していませんから、それによって育児や家事は昔のように女性の仕事とされているのにもかかわらず、外に出ての労働は男性と同じ仕事量を求められる場合が少なくないようです。家事や育児というのは一人っきりに任せられるものではないのにもかかわらず、仕事量が多く、なおかつ女性は男性よりも給料が安く設定されているという企業も多いのだとか。

この現代社会においての女性の立場を表したものとして「生理痛で布団から動けないのに会社に連絡をしたら『病気じゃないのだから甘えないで』と言われた」というものや「社会が変わり男性と同じように働くことが求められているのに、育児や家事というのは昔のまま女性に求められているままだ」といった旨の言葉がネットにあるようです。
さらに現代社会ではしっかりとしている女性が多く、任されたことに真面目に取り組みすぎて気が付かないうちに、完璧主義に近い精神状態が作られてしまい、これが結果的に女性のうつ病を多くする理由となるようです。

しかも、女性は男性に比べて「セロトニン」の分泌量が少ないようです。セロトニンとは心を穏やかにするホルモンと言われていますが、この分泌量の少なさもうつ病の原因とされてるようです。

女性は頑張りすぎな方が多い。これが大きな原因!


つまり、女性の場合は
1. 女性の身体にあるホルモンバランス上、どうしてもストレスを感じやすい体になってしまう
2. 女性を取り巻く環境が、女性の身体に重荷となっている
3. 男性よりも幸せを感じるホルモンが少ない

この3つが女性のストレスの原因となっているようです。すべての男性がそういう訳ではありませんが、「家事や育児に協力してくれない」「家事や育児にかかる負担が大きい」と女性が悩むきっかけになってしまっているようです。さらにこれに加えて、仕事のストレスも加わってしまいますから、やがて拒食症や過食症といった摂食障害やうつ病、不眠症などを引き起こしてしまうようです。男性の自殺率の高さが目立ってしまいますが、女性の自殺者もどんどん増えていくことでしょう。

ストレスは気が付かないうちにどんどん増えて、いつの間にか自分の心を大きく蝕みどうしようも無くなっていたなんてことも十分あり得ます。気分が落ち込んだ状態が2週間ほど続くようならば、うつ病を疑うべきなのだとか。2週間ほど気持ちが不安定だという方は早めに医師に相談するといいかもしれません。いつの間にかうつ病になっていたことも充分に考えられますから、まずは医師に相談をしてみて下さい。

女性のメンタルが弱いとされる原因について

・社会問題の1つとなっているのが、ストレスによるメンタルの病気。実はメンタルトラブルというのは、男性よりも女性の方が多いと言われているようです。
・女性ホルモンというのは女性の心身ともに大きく影響するホルモンとなり、無気力になる、やる気がでない、精神的に不安定になる方が多い。
・現代社会ではしっかりとしている女性が多く、任されたことに真面目に取り組みすぎて気が付かないうちに、完璧主義に近い精神状態が作られてしまう。
・ホルモンバランス、女性を取り巻く環境、男性よりも幸せを感じるホルモンが少ない。の3点が原因。


いかがでしょうか?取り巻く環境やホルモンバランス上、女性の方が男性よりもうつ病になりやすいとされているようです。