おりものの状態で体の状態を知ることができる?おりものの色で分かる体のサインとは?

おりもの

おりものの大事な役割とは?

おりものは、成熟した女性なら誰にでもあるものですが、おりものの量が多いと下着が汚れて不快感を感じる人も多いと思います。
しかし、おりものは女性の健康を守るために大事な役割をしているのです。

おりものは、性器(子宮や腟)、外性器の分泌物が混ざり合った無色透明から白っぽい少し粘り気のあるゼリー状のもので、特に月経の前後や排卵日にもっとも量が増えます。一体このおりものがなぜ女性の体を守ることができるのでしょうか?

おりものの大事な役割

1.膣のうるおいを保ち、膣を通して細菌が身体の中に進入するのを防ぎます。これを膣の自浄作用といいます。

2.排卵期に受精を助ける役割もあり、おりものが精子を包むことで子宮にスムーズに到達する役割を担っています。

おりものにも周期がある?

生理と同じようにおりものにも周期があります。
月経の後は、少量の白っぽいおりものですが、排卵期になると量が増え、粘り毛のある透明なゼリー状のおりものが多くなります。少量の血が混じる場合がありますが、問題はありません。

排卵期のあとは量が減ってきて、また白色の状態に戻り、量も減少します。さらっとしたおりものに戻ります。
このようにおりものも女性ホルモンの影響をうけて、おりものは変化していきます。

おりものの変化のパターンを知っておけば、「生理が近いかも」と自分の月経周期を知る目安になりますので、日ごろからおりものの状態は観察するようにしましょう。

おりものがいつもと違うと感じた場合は

おりものの状態は、体の健康状態を映す鏡と言われています。
通常のおりものは、透明か乳白色ですが、いつもよりおりものの色が黄色っぽくなったり(※クリーム色程度の黄色みのおりものは、正常の範囲内なので心配いりません。)量が異常に多い、臭いがきついと感じたときは、免疫力が落ちて細菌やガンジタなど、体に異常がある可能性があります。

普段と違うと感じた場合は、早めに婦人科や泌尿器科で検診を受けるようにしましょう。

「おりもの」のまとめ

・おりもの通常の色は、透明か乳白色。
・膣のうるおいを保つことができる膣の自浄作用
・受精を助ける役割もある。
・生理同様、おりものにも周期がある。


おりものは、体の健康・体調のバロメーターです。
特に黄色のおりものには注意しましょう。