女性も痔になりやすい?!種類や症状など意外と知らない痔のあれこれ

痔にならない身体作りを始めよう。

痔は血が出る・痛いだけじゃない!意外と知らない痔の種類と症状

痔は痛くて血が出るもの。そう思っておりませんか?確かに痛くて血の出る痔もありますが、実は痛くない痔もあるのだとか!一言で「痔」と言っても種類は様々。とは言っても「出血しなくて痛くない痔って何?」と思われるかもしれません。今回は、痔についてわかりやすく解説いたします!

痔は男性ばかりがかかる病気だと思っておりませんか?実は男性だけではなく、女性にもかかりやすい痔の種類もあるみたい。これを調べた私は「痔に男性も女性もなりやすいってあるの!?」って思いました。そもそも痔になったら恥ずかしくて病院さえも行くのをためらってしまいますよね?
ただ、最近若い女性に痔が増えていて、3人に1人は痔の経験があるとさえ言われるほど、女性にとって痔はポピュラーな病気なのだとわかりました……。一般的に痔は、いぼ痔・切れ痔・痔ろうの3種類があります。

「いぼ痔」とは肛門周辺の血流が悪くなり、肛門の内側や外側の静脈が膨らみいぼができる痔のこと。進行すると腫れて痛みが出たり、出血や肛門内部のいぼが排泄時に一緒に出てくることもあります。
内側にいぼができる場合は「内痔核」といい、痛みはあまりありませんが出血があります。外側にいぼができる場合は「外痔核」といい、出血はあまりありませんが痛みを感じます。

「切れ痔」とは、硬い便や太い便、下痢によって肛門が傷つくことで起きる痔の事。肛門が切れたり、裂けたりするので結構痛いですが出血はあまりないみたいです。また、切れ痔は別の病気が原因で起こることもありますので、市販の薬で改善されない場合は、病院で受診をしましょう。

「痔ろう」とは、直腸内のくぼみに生じた細菌感染により炎症が悪化して、肛門内と皮膚の間に細菌の通り道を作りトンネル状に出来る症状を痔ろうと言います。

特に男性がなりやすいのは「痔ろう」で女性は「切れ痔」になりやすいようです。

痔の治療と痔になりにくい身体の作り方とは?

痔は悪化すると手術が必要になってきますが、症状が軽いと生活習慣で症状を軽減・治療ができる場合もあります。どのようにして治療を行えるのか、痔の原因と痔の時にやってはいけない行動などもまとめました!

自分でできる痔の治療

まずは、ホルモンバランスを整えるために食生活を見直しましょう。朝食をきちんと食べて、水分や食物繊維をしっかり摂ることで痔の治療につながります。肛門などの粘膜に刺激を与える作用を持つこしょうや唐辛子などの香辛料は控えて、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを積極的に摂りましょう。

納豆や青魚は痔に効果的なビタミン類が豊富であり、ごぼうやわかめは食物繊維が豊富なのでこのような食べ物がいいかもしれません。また、水をしっかり飲むことで便が柔らかくなれるため、痔の際に効果的だとされているみたい!
固い排泄が肛門の周りの血行を悪くするので、お通じをよくすることです。簡単な方法は、毎日2~2.5ℓの人肌程度の熱さの物を飲みましょう。

湯船に浸かり血行をよくする、長時間の同じ姿勢に気を付ける、適度な運動や下半身を冷やさないように気を付けることで、痔を治してゆきます。
最後に、トイレでは、無理に力まず、トイレでの読書などの長居は控えましょう。ウォシュレットを使用しておしりを清潔にすることも大切なようです。

痔の原因・痔の時にやってはいけない行動とは?

女性に起こる痔の原因は、便秘やホルモンバランスの乱れに加えて、ホルモンバランスが大きく変化する妊娠や出産だと言われています。さらに、排便の異常や肉体疲労、ストレスや冷え、飲酒・女性の月経異常からと言われているみたいです。
特に便秘がひどい方は腸内洗浄という方法も考えられるかもしれませんが、痔を持っている方が腸内洗浄を希望するのなら、まずは医師の意見を聞いた方がいいのだとか!
痔で悩んでいる方は、身体に休息を与えてしっかり温かい水分をとりながら、ストレス解消しましょう。アロマオイルなど日常に取り入れて見るのもいいかもしれません。また、なたまめ茶は痔に効くと言われています。

市販の薬も多く売られていますが、痔は薬では完治が出来ません。市販薬を使用する際は、2週間にしましょう。2週間たっても改善されないときは、肛門科に受診をしましょう。痔が悪化すると手術になります。

痔になりにくい身体のポイントまとめ

・毎日、2~2.5ℓの水分を摂りましょう。
・食物繊維やビタミンA・C・Eを摂り食生活を見直そう。
・お風呂はシャワーだけではなく、湯船に浸かり血行をよくしましょう。
・トイレでは読書などの長居はせず、ウォシュレットを使用し清潔にしましょう。

大腸がんは痔と症状が似ていて、痔が慢性化するとがんに気づかずに病気を進行させてしまうことがあります。2週間、市販薬を使って改善されないときは、肛門科に受診をしましょう。女性は、恥ずかしくて言えない方が多いですが、悪化させてしまうと大変なことになりますので、恥ずかしがらず、病院に受診しましょう。