不正出血は病気が隠れているサイン?

不正出血

不正出血とは?

生理期間以外に起こる膣や子宮からの出血を不正出血といいます。

生理は終わったはずなのに少量の出血がダラダラと続くことや、突然、ナプキンでも間に合わないほどの大量の出血をするなど様々な場合があります。
おりものに薄く血が混じっていたり、薄ピンクのおりものが出る場合でも不正出血と言われています。

女性の体はデリケートなので、不正出血も起きやすく何の問題もない場合もありますが、病気が隠れていることもあるのです。
「出血量が少ないから大丈夫」などといって放置しておくことは危険なことなのです!

不正出血にも種類がある?

不正出血には様々な原因がありますが、大きく分けて2種類に分類されます。

器質性出血

子宮や卵巣、卵管、膣などに炎症や腫瘍など、器質的な問題が起こりそこからの出血。

機能性出血

機能性出血の不正出血は、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌バランスの崩れです。
物理的な問題はないのに、過度なストレスや不規則な生活が続くことによって、生理でもないのに子宮内膜が剥がれて出血してしまっている状態です。機能性出血は病的な心配はあまりありません。

もっとも一番影響が強いのが、ホルモンバランスの崩れからくる「機能性出血」が多いのですが、やはり自分では何が原因で不正出血しているのか判断することができません。

女性特有の病気である子宮膣部びらんや子宮頸がん、子宮内膜症、子宮筋腫などの病気のサインである可能性も隠されているため、早めに婦人科で受診することをおすすめします。

不正出血の治療法

不正出血の一番の原因は、機能性出血がもっとも多く、ストレスや不規則な生活が続くことでホルモンバランスが崩れることが原因でした。

ですので、少しずつ生活習慣を整えることによって、改善を期待することもできます。

・ストレスをためない生活を心がける
・睡眠時間を十分確保する
・栄養バランスの取れた食事

ストレスは自律神経の働きを乱していて、自律神経が乱れると身体が緊張したままこわばった状態になるのです。
こわばったままだと身体の冷えや血行不良が起きやすく子宮周辺の血流も滞ってしまいます。
これでは、不正出血だけではなく、生理不順を引き起こす原因になりかねません。

体を温め、心身ともにリラックスできる意味でも温めの湯船にゆっくり浸かってみましょう。自分の好きな香りの入浴剤も入れることでさらに身体の緊張もほぐされ、徐々に自律神経が整うでしょう。

そして入浴は、できれば寝る少し前に入るのがおすすめです。これは、体温が下がるときに人は眠くなり始めるからです。睡眠を取りやすい環境づくりもストレス解消法のひとつなのです。

生活習慣を改善しても不正出血がよくならない場合は、何かの病気が隠れている可能性もありますので、気になる場合は、婦人科で見てもらうようにしましょう。

不正出血のまとめ

・生理期間以外に出血することを不正出血と呼びます
・不正出血には様々な原因が考えられるが、主に器質性出血と機能性出血の2種類に分けられる。
・器質性出血は、子宮や卵巣、卵管、膣などに炎症や腫瘍などの器質的変化が原因で出血する
・機能性出血は、ホルモンバランスが崩れることによって引き起こされる不正出血。


少しくらいの出血なら大丈夫と自己判断はせず、すこしでも違和感を感じたら婦人科で受診してもらうようにしましょう。