疲れやすいを卒業!疲れやすい原因と疲れを取る4つのポイントとは?

なぜ疲れやすくなってしまうの?原因と疲れを取る方法とは?

「なんだか最近疲れやすい…」「眠っても身体がだるい…」

それなりに眠っていたり、お風呂にしっかり使っているはずなのに昼間は疲れと戦いながら仕事や家事をこなしたり、いつの間にかうたた寝をしてしまっているという方、結構多い気がしませんか?加えて疲れが取れない・どうしてもやる気が出ない、なんかいろいろと面倒臭いといった感じで、特に理由がないのに心身的にしんどい時さえあります。
一度こうなってしまうと気持ちを再度奮い立たせるまでに結構な時間がかかってしまいます。誰にでもこんな時はありますが、仕事中など大事な時に急に身体がしんどくなると正直とても困ります。睡眠不足の場合は集中力がなかったり疲れが取れないというのは誰でも知っていることですが、実は睡眠不足以外にも原因は様々ありました!そこで今回は、なぜ疲れやすくなるのか。どうしたら疲れを取ることができるのかを調べ、わかりやすくまとめました!

疲れやすい原因と疲れを取る方法その1・運動不足

しっかりと寝たはずなのに疲れが取れないという方は、運動不足が原因である可能性があります。身体を動かさないと筋肉が衰えて脂肪が燃えにくくなり、身体が重いためにちょっとでも動くとすぐに疲れてしまうようになります。
また、運動をすることで深い眠りに入ることができる時間が長くなり睡眠の質を上げることができるため、長い時間眠らなくても疲れを取ることができるようになります。ありきたりな解決方法ではありますが、運動する時間がないという方は大股に少し早く歩くという歩き方を意識してみることで、運動不足を解消することができるのだとか!

疲れやすい原因と疲れを取る方法その2・カフェイン

ガンや認知症など様々な病気の予防に効果を持つと言われているコーヒー。一般的に「コーヒー=目を覚ます」というイメージがありますが、確かにコーヒーに含まれるカフェインには眠りを左右する作用を持っています。カフェインは眠くなるという働きを妨げるため、朝飲むとスッキリ目を覚ますことができるのだと言われています!
ただ、カフェインは飲む時間を考えないと睡眠に悪い影響を及ぼすみたいです。就寝6時間前以降にカフェインを取ってしまうと睡眠の質を下げてしまいます。

カフェインは一度取ると、6時間ほどは身体に影響が出るのだとか。だからこそ就寝6時間前……、23時ほどに眠るという方は17時以降はカフェインは避けた方が良いみたいです。また、コーヒーを1日4杯以上は飲む!みたいなレベルは飲みすぎです。カフェイン依存や早死を引き起こす可能性もあるため、朝・昼・休憩にそれぞれ1杯ずつ飲むというカンジだといいかもしれません!

疲れやすい原因と疲れを取る方法その3・ストレス

ストレスは万病の元という言葉がある様に、ストレスは疲れにも影響を及ぼします!対人関係や仕事関係、家事や育児のことを考えて常にイライラとしたり頭を抱えていると心身共に疲れてしまいますよね?
また、ストレスはアドレナリンという興奮作用を出させるため、疲れているのにも関わらず寝付けないといった状態も引き起こします。憂鬱なことを一度考えてしまうと不安で眠れなくなってしまった・興奮して眠れなくなってしまったというのは感情が真逆ではありますが、どちらも興奮しているという状況には変わりはありません。

寝ようとしてストレスで眠れなくなってしまったら、寝室から出てお気に入りの音楽を聴いたり本を読むようにするといつの間にか興奮は収まり眠りやすくなっているみたい。ただスマートフォンやパソコンで遊ぶのはもっと眠りにくくなるので控えるようにしましょう。また、常にストレスがまとわりつくようなら病院に行った方がいいかもしれません。専門家に見てもらうだけでもぐっと心が軽くなります!

疲れやすい原因と疲れを取る方法その4・食事

調べていると、”睡眠と食事が心地よいものならば問題はない”という言葉を見つけました。疲労回復というと真っ先に睡眠が思いつくかと思いますが同じくらい食事も疲労回復に大切!疲れが取れないと思ったらバランスのよい食事を摂るように心がけてみてください。
ジャンクフードやお菓子ばかり食べるのではなく、バランスのとれたおいしいものを食べる方が健康的で疲れが溜まりにくくなってゆきます。ただ、どうしてもジャンクフードや甘いものが食べたいときはそういった気持ちを押し殺してバランスのいい食事を摂っても美味しく感じませんから、心が満たされるレベルでジャンクフードや甘いものを食べて、それ以外は健康的な食事を摂る様に心がけてみてください。

また食事や睡眠だけではなく、今では疲労回復効果を持った美容点滴を美容クリニックで行うという方法もあります!疲れがなかなか取れないという方はこういった方法も視野に入れるといいかもしれません!

疲れやすい原因と疲れを取る方法まとめ

  • しっかり寝たのに疲れやすいのは運動不足や食事、ストレスやカフェインが原因のようです。
  • 運動不足になると太りやすく、少し動いただけでも疲れてしまいます。
  • カフェインは6時間ほど効果をもたらし眠くなりにくくなるため、就寝6時間前になったら飲まない。
  • ストレスがたまると興奮状態になり、食事に気を使わないと疲れやすい体を作る。


睡眠不足以外で、運動不足やストレス・食事やカフェインなどの原因が疲れやすい人を作ってしまっています。1つずつ解消をしていき、また病院にも頼ってみることで毎日をパワフルに元気に過ごすことができるようになります!