更年期障害とはそもそも何?イライラする更年期障害との付き合い方

更年期と聞くと女性を思いますが、男性にも更年期があることを知っていますか?

誰でも更年期障害ってなるの?症状とはいったい何?

どんな女性もいずれ月経が止まり、しんどい更年期障害が起きてしまいます。
そもそも更年期とは、卵巣機能が低下し始めてから低下が安定するまでの期間。50歳ほどで排卵が止まって閉経するので、その前後10年位で起こります。排卵する卵巣には女性ホルモンを分泌する働きがあり、女性ホルモンを分泌することで女性としての組織や細胞を維持したり、不足がちなカルシウムを骨に貯めたりなど女性の健康を維持するために欠かせないものです。

しかし更年期に差し掛かると急に女性ホルモンが減り、ホルモンバランスが乱れて女性の身体に大きな変化が起こります。あまり気にしないまま終わってしまう方もいれば、日常生活に支障をきたす方もいます。その更年期に起きる体の不調を「更年期障害」と呼ぶみたいです。

更年期障害の症状はどんなものがあるの?

『障害』なんてワードが付くくらいですから更年期に起きる不調というのは結構すごいみたいです。
更年期障害に起こる症状を調べると、ほてりや頭痛、不眠・精神の不安定などが起き、更年期障害の症状は個人差があるのだとか。やっかいなことに更年期障害の症状は、身体と心に現れます。女性の場合身体に現れる症状は、更年期障害の初期段階の症状は月経の異常です。最初は月経の周期が短くなりその後、周期が長くなり最終的に閉経します。

自律神経の乱れにより起こる主な症状は、突然顔にほてりが起こるホットフラッシュや発汗、動悸など50歳前後に症状が現れ5年位でおさまります。心に現れる症状は、子供の受験や独立、親の介護、夫の定年、職場の人間関係など人生の転換期が重なり、これらがストレスや精神的症状の原因になってしまい感情のコントロールが効かなくなってしまうのだとか。ヘタをするとうつ病を発症してしまう方もいるようです。

更年期症状の治療は人それぞれ違う!?

更年期の症状は、人それぞれ個人差があり卵巣ホルモンの変化も人それぞれ違います。軽度の症状は、生活習慣の改善や適度な運動などで症状を和らげることが出来ますが、日常生活に支障をきたすほど重度な症状を持つ更年期障害は病院で治療を受けるといいようです。

更年期障害と診断を受けたら、病院では次のような治療を行っています。ホルモン注射療法という更年期を向かえ急激に減った女性ホルモンを補い症状を和らげる治療法があります。エストロゲンとプロゲステロンの2種類の内服薬を使用し、症状を軽減させるには数ヶ月~2年間、薬の量を調節しながら治療を行うようです。

漢方薬

ホルモン補充療法に少し抵抗がある方などは、漢方薬で様子を見ることもあります。漢方薬は
病気の部分を治療するのではなく、身体全体の不調の原因を探って体質改善を促し身体全体の不調を治していきます。なので、更年期の症状は、つらい症状を取り除き、ホルモンが減っていく状態に身体を慣らし体調を整えてくれます。

市販薬・サプリメント

最近、ドラッグストアでは、更年期障害の症状で、ホットフラッシュ、冷え性、不眠、肩こりなど症状を改善する効果がある商品が販売されていてとても助かる存在になりました。それらの主な成分は、生薬を組み合わせたいわゆる漢方薬です。

カウンセリング

うつ状態や不眠など精神的症状が強い場合や、心理的な問題から症状が悪化している場合は、一人で悩まず心療内科や精神科に受診をしましょう。

更年期障害と上手に付き合う方法とは?

・更年期について事前に学んで、身体や心の変化を受け入れましょう。
・症状に左右されず、気持ちを大らかに受け止めましょう。
・趣味など、自分の時間を大切にし生活を楽しみましょう。
・心の不安の原因を探し解消する努力をしましょう。

更年期以降は、女性ホルモンが減少するといろんな病気にかかりやすくなります。更年期障害は一時的な症状ですが、心臓病やがんなど重度な病気が潜んでいることがあります。症状が現れたときは、我慢しないで医師の診察を受けることが大切です。これから迎える更年期、老年期を健康で快適に過ごすため日頃からバランスの良い食事や適度な運動をするなど健康管理はこれまで以上に気を配るよう心がけましょう。