誰もが、一度は経験がある便秘!その便秘にもタイプはいろいろある?

便秘薬に頼ってしまいがちですが、食生活で便秘を改善できるのです。

便秘にも種類があるの?便秘の種類と便秘の原因とは何?

便秘は男女関係無く起こる身体の不調ですが、女性の方が便秘に悩まされています。便秘を解消させるには便秘薬と思う方が多いと思いますが実は、便秘薬は全ての便秘に効くとは限りません。ごく一部の便秘だけなのです。
便秘薬を飲むことで便秘をさらに悪化させて、慢性的な便秘になっている方も少なくありません。便秘の原因はいろいろあり、ダイエットやストレス、運動不足、女性ホルモンの影響、腸内環境の悪化などです。また、便秘のタイプによっても便秘対策が変わってきます。

便秘の種類についてご紹介致します。

まず一つ目は、直腸性便秘です。
便は腸の直腸部分に入ると直腸の壁が伸ばされ、この時点で普通は便意が生じるものです。しかし、トイレのタイミングを逃したとき、便意は収まっても直腸内には便がとどまったままになり、直腸壁は伸びた状態になります。これを繰り返すと排便反射が起こりにくく、排便の回数が減ってしまい、直腸性便秘になります。

二つ目は、弛緩性便秘です。
弛緩性便秘の原因は大腸の運動不足です。腸のぜん動機能が弱り横に長い横行結腸がたるみ、腸の輸送が悪くなります。腸が便を押し出す動きをしないと便はいつまでも腸の中に溜まり、便と腸壁が接している時間が長くなります。その間、腸壁は便から水分を吸収し、便は固くなり排便しづらい状態になります。

最後は、けいれん性便秘です。
けいれん症便秘の方は、精神的な影響を受けやすいです。緊張など腸の反応が過敏になり、けいれん症の収縮を起こします。すると、腸が狭くなり便が通りにくくなります。その結果、コロコロとした鹿のフンのような細切れの便になってしまいます。

便秘にオススメの食べ物はヨーグルトだけではない?便秘にオススメの食べ物とは何?

昔から、便秘にはヨーグルトや食物繊維がよいと効きますが実際、便秘解消にオススメの食品とはあるのでしょうか?
便通を促す食事といえば、食物繊維の豊富な食品と適度な脂肪のあるものです。食物繊維はサツマイモ、ごぼう、ひじき、こんにゃく、豆類など豊富に含まれています。また、牛乳やヨーグルトなど脂肪を適度に含む食品は便通をよくすると言われています。外食が多い方は、これらの食品が入っているものを選ぶよう心がけると、便秘対策に関わらず健康維持の面でも効果があります。便秘はつらく苦しいですが、便秘薬は最後の手段とし、自分にルールを作り頻繁な服用は避けましょう。また、便秘薬に慣れていない方は、錠剤を半分にして試してみたり、家にいるときに服用をオススメします。

便秘にならない解消法4ヶ条とはいったい何?

・自分がどのタイプの便秘の種類か知ろう。
・豊富に含まれている食物繊維を摂ろう。
・脂肪を含む食品を摂ろう。
・適度な運動や規則正しい生活をしよう。

便秘の解消をするために、一番大事なことは自分がどのタイプの便秘なのかを知ることです。個人で対処できる便秘には限界がありますので、便秘対策をしてもなかなか改善されないときは病院に受診しましょう。何か隠れた原因を見つけることが出来るかもしれません。