豆乳の飲みすぎの副作用が怖い?女性ホルモンに嬉しい豆乳の裏事情

豆乳はなぜ女性ホルモンに嬉しいの?女性ホルモンが乱れることで起きる症状とは

女性の健康と美容には、美しい女性でいるためのホルモン・女性ホルモンが欠かせません。女性ホルモンの分泌量が下がってしまったり、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、下記のような症状などが引き起る可能性があります。

お肌の状態が悪くなり、ニキビができやすくなる。
月経の周期が大きく乱れる「月経不順」や月経が止まる「無月経」になりやすくなる。また、生理痛がキツくなる。
髪の毛にツヤや潤いが無くなってパサパサになったり、 抜毛が増えたりする。
イライラしやすくなり、うつっぽくなりがち。
冷え症になったり身体が火照りやすくなったりと体温調節がうまくいかない。
頭痛がしやすくなったり、吐き気や腹痛、肩こりなどが起きる。

女性たち個人個人によって引き起る症状は違いますが、女性ホルモンが乱れることで起きるのはデメリットばかり。メリットを調べても見つかりませんでした。女性にとって女性ホルモンが乱れるというのは避けたいことのようですね?
だからこそ、女性ホルモンを整えることは女性の美容と健康にとって大切なことでもあるようです。女性ホルモンを整えたり、増やすのに最適なものというと名前を挙げられるのが「豆乳」。豆乳は、女性ホルモンとよく似た働きをする、女性の身体を作る際に必要な大豆イソフラボンが豊富なため、バストアップや美肌、ダイエットや月経改善便秘解消や更年期障害の対策にも役立ちます。

そのため、是非とも積極的に飲みたくなりますが、実は豆乳には副作用のうわさもあるようです!どんなに健康的な食べ物であっても、食べ過ぎてしまえば身体に害をなしてしまいます。それは勿論、女性にとって様々な良い効果を与えてくれる豆乳でさえも、飲みすぎてしまえば副作用を呼んでしまうみたい。
その副作用を仮に上げると『太る・冷え性になる・ワキガなどの体臭がキツくなる』などといった副作用があるのだとか!なんとダイエット効果と話を上げたのにもかかわらず、飲み方を間違えると逆に太ってしまうようです……。また「豆乳を摂りすぎるとガンになる」という噂まであるようです!これって本当なのでしょうか?

豆乳を飲みすぎることで起きてしまう副作用

健康のため、また味が好きなため豆乳を毎日飲んでいるという女性も少なくないようです。ただ、豆乳にはどうしても嫌な噂がまとわりついてきます。それがガンの噂で、実は大豆イソフラボンが関係しているとされています。大豆イソフラボンは、女性ホルモンの1つであり『女性らしいホルモン』と呼ばれる「エストロゲン」と似た働きをします。そのため美肌やバストアップ、髪を美しくするなど女性にとって嬉しい美と健康を管理してくれるホルモンです。しかし、女性ホルモンが多すぎるとかえって乳がんを呼んでしまうことがあるのでは?と疑われているのだとか。

そのため、もしかしたらエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンでも同じことが起きるのでは?と危惧されているようです。ただ、実際に豆乳が原因で乳がんが起きてしまったのかという事例は1つも確認されていないようです。
そもそも豆乳自体に発がん性はないみたい。ただ、もしかしたら発がん性を高める可能性があるかもしれないという話なので、詳しいことはわかっていないというのが現在状況なのだとか。

ほかにも、豆乳の摂取のし過ぎで起きるホルモンバランスの崩れはいくつかあり、過剰に大豆イソフラボンを摂取してしまうと逆に女性ホルモンのバランスを崩してしまうようです。加えて先ほどご紹介した通り、豆乳を飲みすぎてしまうことで生理不順になったり体臭がキツくなる、逆に太るなどといった症状が起きるのだとか。ではなぜ、このようなメカニズムが起きてしまうのでしょう?

大豆は沢山の栄養が詰まっており健康食品として海外で大きな注目を集めている食品でもあります。ただ、大豆には体を冷やす作用があり、豆乳を飲むと冷え性を引き起こす可能性もあるのだとか。この身体を冷やす効果が原因で、血行が悪くなり、頭皮に栄養が行き届きにくくなって、結果薄毛や抜毛が引き起ってしまうとも言われています!
また、豆乳は食物繊維やマグネシウムを多く含んでいるため便秘に効果的ですが飲みすぎてしまえば消化不良を引き起こし、逆に便秘にしてしまうようです。
加えて、豆乳は実はカロリーが高く、ペットボトル1本で230kcal・マックのフライドポテト(S)と同じカロリーとなります。だからこそ、飲めば飲むほど健康的で大丈夫ではなく、同時にカロリーをガッツリと摂取してしまっているということの様です。そのために豆乳をガブガブと飲んでしまうと、あっという間に太ってしまうみたい。

さらに、月経前の「黄体期」という時期に豆乳を飲んでしまうと女性ホルモンの1つであり、母親になるためのホルモン「プロゲステロン」が体臭をキツくしたり汗の分泌量を促す働きを持っていますが、実は豆乳がこのプロゲステロンの働きを促進させてしまい、その為に体臭がキツくなってしまったりするようです。

大豆イソフラボンの1日の摂取量とは?

上記のようなことにならないよう、大豆イソフラボンの摂取量を守る必要があります。大豆イソフラボンの1日の摂取量は70mg~75mgとされているようです。マグカップ1杯(200ml)の無調整豆乳豆乳で60mgの大豆イソフラボンが含まれており、納豆1パックで65mgの大豆イソフラボンが、豆腐1丁で110mgの大豆イソフラボンが含まれているとされています。つまり、1日に納豆1パックか豆乳200mg,豆腐半分ほどを食べればいいということになるようです。

大豆は非常に栄養価が高く、世界中から注目を集める健康食品。そのため豆乳もまた非常に素晴らしい食品となります。けれど食べ過ぎてしまうと逆にあらゆる症状を呼んでしまいます。正しく摂取することで、しっかりと健康的に過ごすことができるようになるはずです!

豆乳の飲みすぎによる副作用について

・女性ホルモンが乱れると様々な症状を呼ぶために、大豆イソフラボンをバランスよく摂取するといい。
・大豆イソフラボンを逆に摂取しすぎると、逆に副作用が引き起こされる。
・大豆イソフラボンは女性ホルモンの代わりをしてくれる。
・大豆イソフラボンの1日の摂取量は、豆乳マグカップ1杯ほど(200ml)ぐらいが良い。


豆乳は飲みすぎることで副作用を引き起こします。大豆イソフラボンは上手に摂取をすることで、きれいで健康的な女性でいることができるみたいです。