緑茶の効果はすごいけど飲みすぎ厳禁!飲みすぎるとどうなるの?

緑茶にはどんな成分・効果があるの?

私たち日本人の食卓に当然のように並ぶ飲み物といえば緑茶ですよね?自動販売機やスーパーなどにも当然のように緑茶が売られています。健康にもいいというイメージもありますから、毎日飲んでいるという方もきっと多いように感じます。緑茶が持つ効果は非常に優秀であることも有名ですよね?そのためにたくさん飲みたいという方も多いように感じますが、けれど実は緑茶は飲みすぎるとかえって危険なのだとか!どんなに優れた効果を持っている食べ物や飲み物であっても食べすぎや飲みすぎはかえって害になってしまいます。そのため、今回は緑茶を飲みすぎるとどうなってしまうのかや、1日の飲むのに最適な緑茶の量を調べさせていただきました。

そもそも、緑茶にはどんな効果があるのでしょう?緑茶が持っている成分やその成分がもたらす効果についてまとめてみました。

カテキン

緑茶の代表成分であるカテキンには、緑茶の渋みを出してくれます。加えて風邪予防や脂肪燃焼の力を持っているとされているようです。そのためダイエットにも効果的なのだとか。またカテキンにはウイルスをやっつける力を持っているため、免疫力を上げてくれる効果も持っているようです。また、カテキンには記憶力の改善や二日酔いを防止する効果を持っているようです。

ビタミン

緑茶には実はビタミンが豊富に含まれており、ビタミンCやビタミンB2やビタミンEといった効果が含まれているため、身体の老化を防ぎアンチエイジングにも効果を発揮する上に美肌効果を持っています。

カフェイン

緑茶に苦みを出すカフェインは、コーヒーにも含まれているものとして有名ですよね?カフェインは目覚まし効果がありなおかつ気分をリフレッシュするのによい効果を持っています。またカフェインには集中力持続の効果もあります。

ポリフェノール

緑茶に含まれるポリフェノールには、コレスレロール値の低下に加えてガンの予防といった効果を持っているようです。

ほかにも緑茶そのものに口臭予防やワキガ予防虫歯予防やストレス解消といった効果を持っているようです。こう見ると緑茶にどれだけ素晴らしい効果を持っているのかがよくわかりますし、積極的に摂取したい飲み物でもありますよね?しかし飲みすぎるのも厳禁である飲み物であることも間違いないようです。

緑茶を飲みすぎることで出てしまう症状とは?


緑茶の適切な摂取量は1日1リットルと言われていますが、これは緑茶の種類や淹れた緑茶の濃さ。加えて飲む方の体質なども大きく関係するようなので、1日1リットルというのはあくまでこれくらいという目安と考えてくださるといいかもしれません。ただ1リットルというのは少なめに見積もった料であるようなので大体これぐらいを目安に守っていれば大丈夫だと思われます。

よく、コーヒーを飲みすぎるとコーヒー中毒が起きてしまうという話がありますが、あれはコーヒーに含まれるカフェインが原因で起きるとされているようですが、これとよく似た現象か緑茶にも起きるようです。カフェイン中毒という名前の通り、1日でもカフェイン摂取をしなくては禁断症状のように飲まないとイライラとしてしまうのだとか!ただこれだけではなく他にも緑茶を飲みすぎることで起きる症状というものはあるようです。

緑茶の飲みすぎで起きる症状その1:吐き気や頭痛

緑茶に含まれるカフェインによって、吐き気や頭痛を呼んでしまうようです。これはカフェインの作用であり、ほかにも利尿作用やめまい、興奮作用といった症状があるようです。また、カフェニンとは別に緑茶にはタンニンという成分が含まれていて、このタンニンによって胃が刺激されて吐き気を伴うという話もあるようです。

緑茶の飲みすぎで起きる症状その2:腹痛

先ほども触れたように、タンニンやカフェインは胃を刺激するため、これによって腹痛を伴う場合があるようです。タンニンやカフェインは胃を刺激してしまうため、飲みすぎてしまうことによって胃に負担をかけてしまうようです。緑茶は汗の量を抑える制汗作用や美肌効果を持っていますが、この効果が欲しいからとガブガブ飲んでしまうと逆効果であるということなのですね?

緑茶の飲みすぎで起きる症状その3:貧血

緑茶に含まれるタンニンは、貧血を引き起こしてしまう成分でもあるようです。これはタンニンが鉄と結合してしまうことで鉄が体内に吸収されにくくなってしまいその結果貧血を起こしやすくなるようです。特に空腹時に緑茶を一気飲みした場合などは貧血を起こしやすいのだとか。

緑茶の飲みすぎで起きる症状その4:便秘

カフェインを多く摂りすぎてしまうと、それが原因で便秘を引き起こしてしまう可能性があるようです。カフェインを大量に摂取してしまうことで胃のぜんどう運動を弱くしてしまい、これが原因で腸の動きも弱くしてしまうようです。

ほかにも口が乾燥しやすくなったり、冷えや肝臓障害・不眠なども緑茶を飲みすぎることによって起きると考えられているようです。

いかがでしょうか?何かと飲み物を口にする際に緑茶ばかりを口にするという方は少なくないかと思われます。日本人ですし、きっと多いかもしれませんね?だからこそ、緑茶は大体1日1リットル分。超えそうなら水を飲むという習慣がいいのかもしれません。

緑茶の成分や効果と飲みすぎた際の症状について

・風邪予防や脂肪燃焼の力、アンチエイジングや美肌効果に加えて虫歯予防やストレス解消も効果を持つ。
・緑茶の適切な摂取量は1日1リットル。
・緑茶を飲みすぎることによって、、吐き気や頭痛などをもたらす。
・緑茶は1日1リットルを守り、それ以外は水で水分補給をするなど調整をする。


どんなに健康にいいものでも、食べすぎや飲みすぎは厳禁。それは緑茶も同じなのですね?