飲む日焼け止めの効果と含まれる成分とは?副作用はあるのか?

飲む日焼け止めとは?

シミやくすみ、しわやたるみの原因になってしまう紫外線。天気や季節問わずに紫外線は注がれるため、美肌を求める人には1年中日焼け止めが手放せないものでもありますよね?日焼け止めというと少し前までクリームタイプが多く売られていましたが、最近ではスプレータイプの日焼け止めや飲む日焼け止めも売られています。けれど飲むタイプの日焼け止めってちょっと想像つかないですよね?体に塗布するのではなく飲むことでクリームタイプやスプレータイプのように効果があるのか?副作用や危険性はないのかなど気になることがあるかと思います。
そこで今回は、飲む日焼け止めについて効果やどんな成分で作られているのか、副作用はないかなどについて調べさせていただきました!

飲む日焼け止めにはどんな効果が期待できる?


飲む日焼け止めについて気になることというと、「本当に飲んだだけで日焼け止め効果を作ることができるの?」という点かと思われます。飲む日焼け止めに対し期待できる効果というのは、まず日焼けの軽減。これは活性酸素を抑制することで紫外線を浴びることで起きる日焼けの炎症を軽くさせるという効果を持ちます。

加えて、紫外線によるダメージからフォローしダメージを軽減させる効果もあるのだとか。飲む日焼け止めはサプリメントという扱いになり、紫外線からダメージを受けるとニキビや乾燥肌、ほくろシミやくすみ、そばかすといったお肌のトラブルが起きてしまいます。こういった紫外線が引き起こす肌へのダメージを軽減させる効果を持つのが飲む日焼け止めとなるようです。さらに飲む日焼け止めは活性酸素の発生を防ぐ働きがあるために、肌の酸化を抑制しアンチエイジング効果も持っているみたい。
それに飲む日焼け止めは敏感肌だという方にも効果が期待できる商品。敏感肌の方は日焼け止めを選ばないと肌が荒れてしまいますが、お肌に優しいタイプの日焼け止めだけでは紫外線をしっかりと防ぐとは出来ないみたい。しかし飲む日焼け止めは敏感肌か否かは関係ないため効果を得ることができます。

ただし飲む日焼け止めだけで完全な日焼け止め効果を手にすることは出来ないため、飲む日焼け止めに加えてクリームタイプ日焼け止めやスプレータイプの日焼け止めとの併用も大切になってきます。塗布するタイプの日焼け止めで、外から紫外線対策を行い飲む日焼け止めで内側から紫外線を守り、より確実に日焼けを予防する効果を手にすることができるようになるといった感じの様です。

さらに、飲む日焼け止めはサプリという扱いになるため、より高い効果を出すためには飲み続けることが大切なのだとか。毎日飲み続けることで紫外線からの防御力が上がり、さらに美容効果も期待できるようになるのだとか!敏感肌だという方の場合は飲む日焼け止めに加えてお肌に優しくつくられたオーガニック日焼け止めを併用することできちんと紫外線対策ができます。

国産と外国製品のどっちがいい?成分や副作用は大丈夫?


飲む日焼け止めはこのように嬉しい効果を持っていますが、飲む日焼け止めの成分って一体何なのか気になるかもしれません。副作用があるような成分であればやはり避けたいものでもあります。さらに飲む日焼け止めには外国製品と国産のものがありますが、どちらでも飲んでいいのでしょうか?

結論から話すと、飲むのなら外国製ではなく国産のものを購入するほうがいいようです。これは何故かというと外国製のものと国産のものとは実は使用されている成分や配合量に違いがあるからなのだとか。国産のものは日本人の体格に合わせて成分や配合量が調整されていますが、海外製品のものは成分や配合量は外国人向けに作られているために、日本人の体形に合わなかったりします。さらに日本では禁止されている成分が外国製には大量に使われていることもあるようです!そういったことも配慮すると、成分の事から考えて国産のものを選んだ方がいいようです。

国産の飲む日焼け止めの成分は主成分に『ニュートロックスサン』があります。このニュートロックスサンは天然のポリフェノールの一種であり、紫外線によってできる活性酸素を抑止し日焼けの炎症を軽くすることで、最大5割以上の紫外線ダメージをカットすることができるという成分となります。ほかにも飲む日焼け止めにはトマトにも含まれるリコピンやビタミンEなども含まれており、こういった成分によって飲むことで紫外線が予防することができるようになります。

そして最も気になるであろう話が、飲む日焼け止めには副作用はないのかという点かもしれません。いくら効果的なものであっても、副作用があれば飲むのはためらってしまいますよね?熱論から言うと国産の飲む日焼け止めサプリは副作用の心配はいらないのだとか。これは、飲む日焼け止めに入れられているニュートロックサンやリコピン、ビタミンEなどは天然由来の成分であるために副作用に心配はないと考えられるようです。そのため、小さなお子様でも安心して飲むことができます。
ただ、念には念を入れるために妊娠している方や授乳中だという方は飲む日焼け止めの服用は避けた方が賢明なのかもしれません。

飲む日焼け止めの成分や効果、副作用について

・最近ではスプレータイプの日焼け止めや飲む日焼け止めも売られています。
・紫外線を浴びることで起きる日焼けの炎症を軽くさせる、アンチエイジング効果を持っている。
・日本人に効果な成分を含んでいるのは外国製ではなくて国産のほう。
・ニュートロックスサンやリコピン、ビタミンEなどの天然の成分が使われているため副作用の心配はない。